【ヘルニア 原因】ヘルニアの原因はストレスだった!?その真相とは?

ヘルニアも精神的なストレスが原因の可能性があります
「ヘルニア 女性 画像」の画像検索結果
 
 
ストレスでヘルニアなんかでるわけないでしょ
時代によって身体の痛みの原因も変わってきま
すよ。ストレス、ストレス言ってるけどまさに
あなたのヘルニアは原因が見当たらないのならば
もしかしたらストレスが原因の可能性がありますよ!
 
 
 

1.精神的なストレスが腰痛の原因に

「ストレス 女性 無料画像」の画像検索結果

中高年や高齢者から、働く女性や家庭の主婦、「歳のせい」と言われるにはほど遠い若い人まで、多くの人を悩ませているのがこの腰痛です。腰痛が原因で体の調子が悪いと訴える人は多くいますが、その8割は医療機関で検査しても痛みの原因となる異常がみつけられません!

 

腰痛の原因として、骨や筋肉に異常がある「器質的要因」があります。背骨の骨と骨の間にある椎間板の中にある「髄核」(ゼリー状のもの)が突出して神経を刺激し痛みが起こる「腰椎椎間板ヘルニア」は腰痛の主な原因となります。でも、こうした体の異常がないにも関わらず、腰痛が3ヵ月以上続く「慢性腰痛」を発症する人が多い。

 

 そこで、腰痛を引き起こす因子として注目されているのが心理社会的要因、すなわちストレスです。治療を受けても痛みが続く場合には、ストレス・不安・うつなどの心理的要因が影響している可能性が多くあることが近年分かってきています。

 

 

2.ストレスの原因で起こる腰痛のメカニズムとは

「腰痛 女性 無料画像」の画像検索結果

 ストレスの原因は、職場や家庭の人間関係、仕事の内容などさまざまあります。こうしたストレスにさらされていると、脳が痛みを抑える「下行性疼痛抑制系」という仕組みが働きにくくなります。この仕組みが正常に働いている場合は、痛みの信号が脳に伝わると、脳内に「ドーパミン」という神経伝達物質が放出されます。そうすると、「オピオイド」という鎮痛作用のある物質が放出されて、脳への痛みの信号が抑えられる。

 

しかし、長くストレスにさらされていると、痛みの信号が脳に伝わっても「ドーパミン」が放出されず、神経のバランスを保つ「セロトニン」という脳内物質の分泌も低下してしまいます。その結果、疼痛を抑制する仕組みが機能しなくなり、わずかな痛みでも強く感じたり、痛みが長引いたりしてしまうようになってしまいます。

 

これが続くことで、「また腰痛になるのでは」という不安が悪循環につながってしまいます。
 
 
 
 

3.ストレスが原因で起こる腰痛の実態とは?

「腰痛 無料画像」の画像検索結果

東京大学医学部附属病院22世紀医療センターの調査で、軽い腰痛をもっている日本人1,675人を対象に調査がありました。その結果、多くの人が「仕事に対する満足度が低い」「上司のサポート不足」「週労働時間が60時間以上」「日常生活や仕事に支障をきたした経験のある人が家族にいる」といった問題を抱えていて、ストレスが過剰にたまっている傾向があることが判明したそうです。

 

職業でいうと専門職、事務・技術職などが多かったという結果がでました。「前かがみの姿勢や座位での猫背、腰を反らした状態が続くと、腰への負担が増えてしまい、それが引き金になって、椎間板の真ん中にある「髄核」が前後、あるいは左右にずれて、痛みや違和感を生じやすくなってしまう」と、いうことが言えるというデータが報告されています。

 

この結果を踏まえて、人間関係や仕事のストレス、腰痛に対する恐怖や不安などが加わると、痛みを抑えるオピオイドなどの物質の分泌が低下し、腰痛が慢性化したり再発するなど、悪循環に陥りやすくなってしまうということが言えますね。

 

特に「また腰痛になるのでは」という不安や恐怖から過度に腰をかばってしまう「恐怖回避思考」は、腰痛の悪化につながりやすいということがこのデータを見ると明確に分かりますね。この思考自体が心理的ストレスになりますが、腰をかばい過ぎて体を動かさなくなると、脊椎や周辺の筋肉の柔軟さが損なわれ、かえって体の痛みが生じたり、髄核がずれた状態で固定され、腰痛が治りにくくなったり、再発するリスクが高まってしまうので、専門家の指導のもと動くこともとても大切になりますね!

 

4.認知行動療法とは?

「女性 疑問  無料画像」の画像検索結果

認知行動療法とは何か困ったことにぶつかったとき、本来持っていた心の力を取り戻し、さらに強くすることで困難を乗り越えていけるような心の力を育てる方法として、いまもっとも注目を集めている精神療法のことです。
「現実の受け取り方」や「ものの見方」に働きかけて、心のストレスを軽くしていきます。

 

何かの出来事があった時に瞬間的にうかぶ考えやイメージがあり、それがいわゆるその人の「受け止め方のクセ」です。「受け止め方のクセ」によって、いろいろ気持ちが動き行動することになります。
ストレスに対して強い心を育てるためには「受け止め方のクセ」に気付いて、ストレスへの対処法(行動)を変えることで心理的ストレスを軽くしていくことで心因性の腰痛を改善していく方法が注目を浴びています。

 

こちらは、病院と連携して行われる方法の一つとして注目を浴びています。

 

 

まとめ

ストレスが原因の腰痛から悪化してヘルニアになりついには入院という方も

多くいるようです。そうならないようにストレスをため込まないようにする

ことが日頃から大切になります。あなたの腰痛もストレスが原因で起きている

かもしれませんね。早めのケアをお勧め致します!

 

 

 

整骨院 ホームページ制作